FC2ブログ

いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

星だけにキレイゴト?なんかじゃありませんよ、たぶん。
Picture 1022
はい、まずはここ最近twaudに上げたコピーを貼ります。
敬称略ね。

【二息歩行 / DECO*27】
ギターとボーカルを同時に録りました。なんかできたからとりあえず録っておいた。
思った以上にラブソング!ラブソングなんですよこれ!っていう風になってしまい、ちょっと後悔。


【きみがすき / 黒髪ストロングP】
配信中、なんかリクエスト募ったら誰かがこれを言ってくれたので録ってみました。
途中コードがわかんなくなって省略したのはご愛嬌ね。
歌いながらむず痒くなってしまい歌い終わったら高校の時に好きだった人のことを思い出しました顔真っ赤かよ。


【ホシノウタ / かえる】
大好きなかえるさんですよ。この人の曲は本当に魅力的。
あの人が歌うからいいんだけどね。いやぁもう素敵。
最後の部分が恐ろしいことになってますが、録り直すには歯が痛すぎた。

twitterで散々言ってますが、親知らずを抜きました。今日は左上。
まだ左下と右下が残っています。
歯
下の親知らずは二本とも上の画像のように真横に生えているので、神経にとても近く、また太い血管にも近いため抜くのが大変らしいです。もしかしたら3か月くらい神経がおかしくなるけど治るから大丈夫ですって言われてもう不安でしかないです。ひぃ。
一番正常に生えてきた左上でさえ家に帰って数時間経った今尋常じゃなく痛いのに下の彼らが去っていったらどうなるんでしょうか。ひょえー!
まあ担当の先生がすごく優しくて丁寧で毛深かったので頼りにするしかないと。

うちの母親が親知らずの治療をしたときの話を、病院に行く前の日にしてくれたのですが、
「あたしはノミでカンカンやって砕いたよあはは」と頭のおかしいことを言っていたので、ノミで砕かれる場面を想像して震えあがっていたのですが、実際には麻酔をして、サコッと抜いてくれました。二回くらいサコッとしたので、砕かれてんのか!?今バッキバキにされてんのか!?と思ったのですが、それはもう美しいままのあの歯の形で抜いてくれてました。歯並びが超絶に悪いので、たぶん砕いたところでまた痛み出すんだろうし抜けるから抜きまーす、らしい。
しっかし大きい病院ってのはあっちに行かされこっちに戻されで迷いますね。次回から機械で受け付けしろとのことでしたがその機械を見つけられないまま帰ってきてしまったので、明日受付さえできないのではないかと。

病院というのはどうも閉鎖的で湿っぽくてあまり長時間滞在したいとは思えないのですが、今回はレントゲン撮ったりあっちに受付したりで1時間ほど居たんですよ。こんな話は絶対にするべきではないのですが、意識があるかないかのおばあちゃんの車いすを60歳近いおばさんが押しているのを見て、こんなに長く生きたくはないな、とつい思ってしまいました。うちの富山の実家のおじいさんも今93歳でボケまくってて世話が大変らしいのですが、そういう話を聞くと僕は長く生きても50歳くらいには死んでしまいたいなあ、と。僕の話ね。長寿の方々はその体力と精神力を尊敬するばかりです。
プライドが高いのでしょうかね、僕はどうしても長寿として存在している未来が想像できないんですよね、昔から。入れ歯してまで摂食するくらいなら餓死で死にたいなどと思ったこともありました。豊かな環境にいるからこそ向いた思考なんでしょうけど、長生きはしたくない。
親より先に死ぬことばかりを考えてきましたが、今はとりあえず親の死を見届けたら考えよう、くらいにはなってます。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。