いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category:

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

IMG_0753.jpg
あれをしなかったら、これをしなかったら、と考えてみる。
「たら」「れば」を考えたところで、導かれるある種のアンサーなんて、理想形でしかないのかもしれないけれど。
それでも、それがわかっていても、考えてみる。
今日、タカノくんとラーメンを食べなかったら。昨日、お酒を飲まなかったら。今の会社に勤めなかったら。群馬に留まっていたら。大学に行かなかったら。女子高じゃなかったら。写真部じゃなかったら。ひねくれた中学生じゃなかったら。小学生の時、あの担任に出会っていなかったら。ピアノをやってなかったら。兄姉がいなかったら。生まれてなかったら。

刺激が無い人生なんてつまらない、という人もいるけれど、刺激ばかり求めて何を残そうとしてるんだろうか、と思ってしまう。一瞬を生きること、可能ならそこに痕跡を残すこと、それらは素晴らしいことかもしれないけれど、”常”という文字を伴った行為を継続的に展開できることに、あくまで勝手な価値観だけど、どうしてもそこに美徳を置いてしまう。でも、それを遂げるには努力や才能が必要で、自分には到底かなわない世界の話。

努力が嫌いだ。継続的に何かできるわけでもない。髪を伸ばすことさえできない。五寸釘で肢体をとらえられ、脳に直接命令を下すような機械ができないと、この人間性は改善のしようがないんじゃないか、と思う。
自分の子供が生まれたら、とにかく努力を誉めようと思う。結果の方が大事だと知るのは、社会に出てからでいい。そうじゃないと、こうやって努力のできない人間が形成されてしまう。

人生の香盤表をくれよ、と思い続けている。書いてある通りに動くからさ、くれよって。それさえあれば、まわりからの勝手な言葉にも惑わされずに済むじゃない。こんな真夜中に起きてしまわなくて済むじゃない。身体中に出てくる赤い点がかゆくてたまらない。起きる。かく。ねむれなくなる。暑さを感じる。ねむれなくなる。


ねむれなく、なる。
スポンサーサイト

Comments

”異常”を継続的に展開している内いつのまにかそれが”平常”になって”正常”に機能するようになるんじゃないですかね。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。