いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category:

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

三日月、夜は続く
雪の降る季節だからと言って、降雪の音に寂しさを覚える訳ではない。
桜の季節だからと言って、川に浮かぶ花びらに涙を流す訳ではない。
大雨の季節だからと言って、かえるの鳴き声を楽しむ訳ではない。
枯葉の季節だからと言って、風を怨む訳ではない。

人間の感情と季節を糸で結ぶ行為はあまりにも簡単で、むしろその行為が寂しく思う。
春だから命を思うわけではないし、夏だから淫乱になるわけでもない。
昔解いた英文の問題で出てきたけれど、日本人は「我々日本人は」と言うが、アメリカ人は個人名を言う。その前者の影響で、季節と言う大きな流れにある種責任を放り投げているんじゃないか。



あと一ヶ月も経たずに24歳になる、と思うと、知らないうちに老け込んでいっている。勝手に寿命を考えている。
若くありたい訳ではないけれど、意識的に老け込む必要はないだろう、と何度もかみ締める。

とりあえず今のうちは、せめて30歳になるまでは、桜が咲いても、大雨に降られても、葉が染まっても、白が降っても、酒の力を借りてでもはしゃいどきゃいいや。
あと、化粧も、怒られるまでしなくていいや。
スポンサーサイト

Comments

バカできなくなったら終わり。
そのままが素敵だし☆化粧はしなくっても、

鰆さんのいろんな面が、そのままでわくわくするし☆

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。