FC2ブログ

いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category:

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

勝利
親というのは、最終手段だと思う。自分の存在を認めてくれる、という意味での最終手段。自分を人間だという前提で話せば、存在理由あるいは価値を把握するのは難しい。その把握の手段、絶対的把握の第二弾が結婚にあるんだろうと思う。
例えば友好関係や社会関係を円滑に行える=存在価値がある、とはならないように、どれだけ築く人間関係があっても自分の存在価値だけは永遠に把握できない。23年間生きてきても、未だにわからない。
親にそれを否定された時点で僕の価値はどこにもなくなってしまった。みんな簡単に自分を「クズだ」だの「死ねばいいわーwww」だのと言うが、馬鹿いっちゃいけねえ、本物はここにある!と声を荒らげたくなる。
利益を前提とした付き合いで価値が決まるこの世界で、生産性のない存在などなんの価値もないんだ。

あーあ。









あーあ。
スポンサーサイト

Comments

1月21日ライブですね☆
親が代わったりして育ったぼくでも、親の認知の根本性や無条件性は理解できる気がします。

何があってもなくならない、自分の根拠は欲しい、とも思います。

アーティストとして僕の目の前に現れた鰆さんは、その挙動発言、生きてることそのものが、こころに動きを与えてくれます。 生産性という視点でいえばそう表現できます。

でも評価満足は、当人が価値を見出してるものから価値付けをされないと、価値をなさない、っという構造をもっているので、そのうち僕が価値をみいだしてもらえるように自分の分野で精進することは、少しはプラスになるかなwと思ったりましましたw


あ、こう思えた事自体も、与えてもらえたことだw
今ふと思ったけれど、親の認知が無条件であるが故に存在価値を認められてないのかと思います。だいたいの人間が親に迷惑をかけているのに、何も返せないまま親をkoroすようなものなのに、それでも認知されるというならば、自分自身に価値がある訳ではなく子供という存在に価値があるだけでしょうし。

いやーどんな人にでも評価されるならば満足するもんなんですけど、僕は卑屈なもんで、素直に受け取らないんですよね。どーせ年月で変わるもんだろうとか、とりあえず褒めときゃ当たり障りいいから言ってるだけだろう、とか、あれ最低じゃね?w
Prayerさんのように根気づよく見続けてくれる方は本当に内蔵を差し上げたくなるほどうれしく、必死な存在です。ちょーうれし!わお!頑張れるかも!ってなります、本当ありがとうございます。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。