いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

シュウマイとシットって似てる
Picture 1228
いや言葉の響きの話ですけども。
巷で噂のとん・ぶりさんと殴り合いのケンカになったのでその結論と仮定をね、お話しましょうね。

「人間の醍醐味は嫉妬でしょ」と言われまして。いや僕は嫉妬とかあんましないからそれってつまり超絶向上心無い人間やないけ、となってしまうわけですよ。でもちょいちょい曲の軌道修正をしたり、絵の描き方をかえたりとそんなに向上心が無いわけでもない気がする。ただこの言葉の理由として、嫉妬はエネルギーになる。嫉妬した相手に対して、お前がそうくんならこっちはこうするという高めあいが始まると言っていたけれど、これはものすごく納得した。ただ個人的に思ったのは、そういう風に思えるのは自分にある程度技術があり、かつそのものに対して自信がないとたどり着けないのではないのか、と至った。つまり技術も自信もない僕にはなんのこっちゃの話になる。
ちなみに嫉妬をしないと言うと語弊が生まれるけれど、嫉妬をしないというのは、嫉妬かも、っていう感情や感覚はあるものの、それを感じても意味のないものだと排除しているだけで、嫉妬について何も知らないわけではない。

嫉妬をしなければ向上はないのか?と疑問を持ったけれど、嫉妬の無い僕が主観的に向上してんなぁと思うのは何が要因としてあるのか、と考えると、答えは憧れや感動にあることに気が付いた。何かに感銘を受けて、真似はしないけれど頭の隅に置いておく。それを重ねる。
嫉妬による向上と憧れによる向上の違いはなんなのか。

嫉妬は先述したとおり、自分にある程度のレベルが必要なことが多い。そのうえで手の平を叩きあうのだから、より高いものが生まれるだろう。なんというか、鉛筆をより鋭くしていくような、そんな印象。ひとつの分野に対し、飽くなき雲をつかむ行為だ。孤高だ。僕のようなぺっぺろ音楽人間から見ると、とても威圧的。ただこの向上の中で、嫉妬した対象を超えられないと思った時、どうなるんだろうとハラハラする。絶望して、諦めてしまうのだろうか?
憧れによる向上は、その対象にある種近づこうとする行為だ。言ってしまえば、嫉妬によるレベルアップには到底及ばないだろう。対象を超えられはしないだろうから。ただそれは分野を限った話で、憧れる範囲が広ければひろいほど、新しいものを生み出せるのではないだろうか。既存のジャンルに対し、登り詰めることは難しいが、その分一つの枝で春夏秋冬違う花を咲かせられる、みたいな。

とん・ぶりという人間はある種達観しようとしていると見受けられる。っていうかこの人鍵盤以外で何できんだろ、と思っちゃってる。そしてその鍵盤が凄まじい彼の原動力は、嫉妬が多数を占めるのかもしれない。彼が目指すのは遥か天空で、僕が目指すのはそれを見ることができる居酒屋経営をして、そういう人たちをすげーなーといいながらみんなで感心し合ってる。上に向けたベクトルか、横に向けたベクトルか。その違い。

あと彼は、嫉妬って言ってまえばないものねだりですよ、どーせね、みたいなことを言っていたけれど、無いものねだりという言葉の定義がよくわからなくなって混乱した。“無い”と感じることが、仮定1:完全に無、なのか、仮定2:不足状態、なのかで肯定できるか否定できるかが決まるのではないか。
そして彼のような嫉妬の焼き方だと、仮定2に当てはまるケースに収束するだろう。けれどそうすると、それは突き詰めれば持てる可能性がある、その根本は持ち合わせている、とすると、仮定1が成立しない。
仮定の双方を成立させる必要は無いのかもしれないけれど、僕はないものねだりから連想されるイメージは仮定1にある。完全に自分にはないから、欲しくなる。というか自分以上のものをみつけて嫉妬するような人は、ねだる前に自分でどうにか頑張ってつかもうとする印象があるから、やっぱり何度考えてもないものねだりと嫉妬はつながらないと思う。

まあ最後話は変わってしまったけれど、人間の醍醐味は嫉妬ってのは真理半分ってとこですかね。っていうかなげーよ。ちなみに画像は頭悪い僕が何かについて考える時に書くノートはこんなんですよって画像です。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。