FC2ブログ

いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2011年7月25日
20110727.png
三軒茶屋。わかりづらすぎ。名前古風なのに近代的すぎ。騙された。というわけで先日25日、とん・ぶり率いるさぴぺバンドのライブに行ってきました。朝4時ごろに起きたせいか電車で死ぬほど眠くなり、北千住を乗り過ごしそうになったのを回避、うおーやればできる子!と思ったら表参道駅で迷う。三軒茶屋に到着し、ゆりいかと合流して休憩がてら茶をしばいてバーに向かう…あれ…無い…。迷ってた!ごめんなさい!色んな人にごめんなさい!代々木くんに救済してもらいました。

遅れて到着したので聴けたセットリストは以下。
四次元ポケット小品(曲名は違うみたいだけどニコ動ではこの名前)→ゆらら→水中花
遅れて着いたらちょうど四次元ポケットの前の曲が終わるくらいで、落ち着いて座った時にそれが始まりました。もうね、あれ、この曲ってこんっなに良い曲だったっけ?って本当にビックリした。ビックリしすぎて気が付いたら涙が流れてました。元の曲がすごい短いので、適度な長さにアレンジされていて、それがまた、うぎゃー!
以前「完走」という記事で僕の中身を分析されたので、今回は逆に分析し返してやろうと思ってたのに、最初にそれやられたから忘れて普通に聴き入ってしまった。素晴らしいライブ。

僕はいわゆるバンドサウンドと認識されるような、歪ませたギターに激しいドラムに荒れ狂うベースになんのそのに、という音楽はあまり好きではありません。たまーに聴きたくなるけど。でも、バンドという団体は大好きです。そこにバンドとしての意識があれば。
さぴぺバンド。最初そのライブの話を聴いたときは、とんちゃんが前に前に出てこようとしまくるか、あるいはサックスが立場を上に置く団体になるだろうな、と思ってました。サックス・ピアノ・ベースという構造だと、それが一番に想像される音。でもそれは僕の好きなバンドという団体の音ではないんだよな、正直とんちゃんの生音を聴きに行く感じになるだろうな、と。だけど違った。プロの犯行だった。なんていうか、全員が自分たちの楽器を嫌程に知っていて、相手の楽器のことも愛してあげられている、そんな音。バンドの音。
鍵盤という楽器は、自己主張もできるし、隠し味にもなれる。ただ音質やほかの楽器の音色上、自己主張しても他がそれに乗じなければ独り言だし、隠し味になると省いても成立するものとして聴こえてしまうように思う。逆にサックスは和音が出ないし、さぴぺバンドのような構造だと明らかに音が浮くので、自己主張しかできない。ベースは動きが跳ねれば跳ねるほどスゲー!って言われて、存在感を意識させようとする。でもなんだろう、さぴぺバンドだと全然違う。鍵盤に曲を率いさせることで、3つの楽器が足並みをそろえていて、気持ちが良い。全部の音を聴くことに苦が無い。ベースもサックスも歌うように奏でるんだもの。先述のような考えを持っていてすいませんでした、と素直に思った。
とんちゃんはまたやるかわかんない、と言っていたけど、もう一度だけでも聴きたいなぁ。お疲れ!

一緒に出たバンドさんは、まあ、みんな上手いですね、っていう感想でした。僕はジャズなんぞすげーなーうめーなーくらいの感想しか言えないし、特に好きなわけでもない。そして演奏技術の高さを各自で主張されると、はぁ、個人でどうぞ、という底辺な感想しか抱けないです。かっこよかったけど、バンドではないな、と思いましたチーン。

ライブ終演後、ぱーけんにビールをおごってもらった恩も忘れ、昇給がかかってるから帰るなどとぬかしおる…から駅まで見送った後、きんちゃん・代々木・ゆりいか・とんちゃん・僕で飲みました。終始きんちゃんにクズって言われたこと、ゆりいかが代々木に「お前の本気がみたいんだ!」と言い続けていたことははっきり覚えてます。きんちゃんが途中で帰ったので4人で店を移動して朝までコースしてたら、隣の席のおねえさんに絡まれたので、帰るときに枝豆を投げつけてきました。結果、お友達になりました。適当に返事してたら三軒茶屋でよく飲む人っていう設定になり、今度会ったらなんとかかんとかー!って言われたけど、一生会わねえだろうなぁとは思った。せっかくなら面白そうだから名刺渡せばよかった。

朝まで飲んで上野動物園に行ってキリン閣下に謁見して群馬に帰ってきたら死体化。急にバイト休みになってなかったら本当に墓場行きだった。ライブ楽しかったなー、さぴぺバンドの3人と、時間を共有した人たち、本当にありがとうございました。

…ゆりいか、迷ってマジでごめんね、ほしみ!
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。