いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

夕暮れと指の痺れ
夕暮れ
気が付けば、一年ほど群馬の地を踏んでいない。実家からの年賀状にも「今年は何回顔を見られるかな・・・」と書かれてしまう始末。様々な理由があって帰りたくないと思ってしまうのも事実だけど、もしかして本当は帰ってきてほしくなんてないのでは?という考えがあるのも事実。無償の愛なんて存在するのだろうか。山崎まさよしの「One more time,One more chance」を聴いてしんみりしている場合ではない。

せっかく年も明けたので、昨年の自分について振り返ってみる。色々なことを覚えている反面、全部忘れてしまうのだろう。ゆるくがむしゃらにやった、くらいの言い方が適当だと思う。日によっては太陽が昇っていたし。今年の抱負なんて抱いてもきっと忘れてしまうから特に抱こうとも思わないけれど、今年はもっとたくさん死にそうになりたいということだけは確かだ。

脈絡のない踏切をいつも通り渡ったつもりでいるのだけど、振り返ると目の前には大きな湖があって、水面に足先をつけるようなイメージは少し遠のいたようでいた。扉は開けても閉めてもそんなに変わりは無くて、ただ高音だけがつんざくように耳をかする。耳の中の虫が悲鳴をあげるころには、夕暮れが終わりを見せてくる。ど・な・た・か・お・し・え・て・く・れ・ま・せ・ん・か・?の合言葉。どなたも教えてくれません。当たり前でしょそのくらい。

思考の暗さはどこかに置いてきてしまった。どうにかなるよどうにかなるよどうにかなるよ。明るい世界へ仲間入り。できているのかどうかはさておいて、すーっと染み渡る眠気と格闘しながらこの文章を書いている。結局私のまわりの世界はいつだって辻褄が合わない。合うのはレジを通したお会計だけ。

お酒をくださいよ。お酒くれなきゃやってられませんよ。なんて思ってもみないことを自分に押し付ける。ななめに進んで真正面に星座を構える。輝きを数えながら、ごめんなさい、ごめんなさい、と呟いて。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。