いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

戦々恐々
sawarahhh.jpg
何年前の写真だろこれ。見つけた。

また「あかるいまち」について書いてくれた文章を見つけたので、ピックアップ。

■まずはコメントから。この記事へ頂いたコメント
そう、僕の紙芝居に持ち出すテーマは特徴的な思考ではない。っていうか特徴的な思考なんて持ってないしね。ただ、歌と違って、文字を媒体とするもの(漫画も含まれる)には、ストーリーが必要になる。映画もそうだけど。そうすると、大体は奇抜な設定や特殊な能力で人を引き付けるけれど、僕はそれを思いついたとしてもしないと思う。ふと思い立ってやるかもしれないけど、続かないと思う。僕は、安く言えば自分が歩いた道、そこで必ず他人もここ踏んだんだろうな、というものがある。そこで大体の人は去っていく。年齢を重ねるとは、そういうことも含まれている。そこを持ち出したい。持ち出したところで何かが生まれるわけではない。ただ、見た人がその経験を思い出して、何か通じればいいな、くらいの気持ち。何かを作り出した時にどうしても他人に委ねるしかない評価のように、表現のその風も他人に投げている、みたいな。紙芝居って子供向けに作られるのが一般的だし、読み聞かせることが設定としてある以上そう作られるべきなんだと思う。でも、そこは壊したい。おもちゃが、ゲームが、大人向けになっている(という表現はちょっと違うと思うけど)ように、紙芝居も大人向けのものが出てきていいと思う。
“私が最初に思っていたほど、独特なテーマは持ってない気がする。独特な空気はもってるけど。”のニュアンスが全然わからなかった負け組ですどうも!オッスオッス!ただこの名無しさんが言ったように、実は中身なんてそんな詰まってるもんじゃないから、素直に受け取ればいいと思う。僕からはこうです、とはあまり言わないけれど。あと才能が無いとは本気で思ってますキィィィー!
でも色々とぼけてるつもりが色々この人はばらしてくるね。わかっててやってる感じとか、へっへっへ。どうでしょうねぇ。へっへっへ。

別に僕の名前のタグがないことに拗ねてなんかいない / だいなま
次はコレ。これを読むと、ああ、上のコメントはコイツが書いたんだろうなって言うのがわかります。なんとなく気が付いてたけどね!
僕がセーラー服の少女、彼女を持ち出したのと、だいなま君の絵を持ち出したのは、同じ理由です。まあ最初は「色彩の暴力」と言われるだいなま君から色を奪ったらどうなるんだろう、が見たかっただけなんだけど、僕が彼の絵を見たのは、彼が配信でカラスの写真を加工して遊んでいたのを見ました。あー、表現者ってこうやってずらしてぐんだなーへー、が、感想。結果うまくいったので大満足ですが、記事に“プロデューサーとしても優れてるんですねあのタバコめがね。”おうおうおうケンカ売られとる売られとる!もう褒めない!知らない!ばーか!へっ!

「カナガス」を作った時にとんちゃんに言われた“技術とか知識をすっ飛ばして、ずっと向こう側にいる感じ。”を割と考えている。そんなはずはない!って。それって、結構自分の足跡見てないか違うとこ見てるフリしてるだけなんじゃない?って。思うんだけどなぁ。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。