いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: twitter

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

びーうぉっちど
Picture 1044

無題
人々の評価は左右されやすい容易いもので、たった一つの情報で暴落したり、はたまた突発的な出来事で上昇したり、流行の移り変わりに沿って廃れていったりする。この発言の「注目」は“関心をもって見守ること”を意味しているのだと思う。そういえば「評価」はどんな意味なんだろう。“ある事物や人物について、その意義・価値を認めること”か。“事物や人物の、善悪・美醜などの価値を判断して決めること”もあるな。
注目と評価はどんな関係をもっているのだろうか。注目された後に評価されるのか。評価されたから注目されるのか。

大衆からの注目は評価された後でしか成立しない。明らかにどこかで大成を成し遂げなければ、評価の基準が専門的な線から脱し、曖昧になったときに、数値や周りの声で示されるには何かの成功が必要だ。その成功のきっかけが作為的なものであれ、大衆の評価にとってその過程は関係ない。
しかし部分的な注目は、評価とそれのどちらが先でも成立しうる。
情報の根源が確かなものでないことは承知で例を出すとしたら、スネオヘアーか。
僕は彼の初期の作品しか知らない。アニメのOPで曲が使用されてから、飽きて聴かなくなってしまった。僕の中のスネオヘアーは、殺伐とした景色の中で叫んでみたようなものを提示して来たり、かと思えば日常の景色を肘をついてぼーっとみているような世界だったり、あまりにも美しい風を吹かせたり。一言で言うなれば、少し傷のついた根こそぎPOP、という感じの印象だった。あのすっとぼけたような歌声も相まって、当時の僕にはどツボだった。しかしそれらは大衆にはあまり触れていなかったように思われる。しかし音楽関連のお偉い人に評価されたのか、色々な部分で世間に出るようになってきた。そして傷を癒してしまったPOPみたいな曲で、大衆に評価された。と、思う。知らんけど。

評価というのは本当にやっかいなもので、最初の評価対象はちゃんと本質にあるのに、だんだんと変化してきてしまう。そして不確かな情報に左右され、消えて行ってしまう。これは僕自身体験している。
ART-SCHOOLが大好きだった。病んでる^q^時。ART-SCHOOLのドラムが群馬出身で、予備校の時だっけな?に高崎にライブをしに来たので見に行った記憶がある。CDに収まりきらないあの轟音を生で聴けると思うと胸が弾んだ。
だのに結果としては散々だった。ライブ自体の評価じゃない。周りのファンのせいだ。木下君だいしゅき~女子により、興ざめしてしまった。それ以来彼らの曲に触れることはほとんど無くなった。
ゲーム配信者でもそうだけれど、最初は配信者自身のゲームに対する何かしらを評価してたはずなのに、いつのまにやら評価の基準がチャットや配信者の私生活に移ってしまったりする。

僕たちが求められる評価とは一体なんなんだ。僕たちが求める評価とは。思っているよりずっと汚くて意味のないものなのかもしれない。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。