いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: 終演

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

打ち込み?弾き語り?
桐生のライブのあと、すっかりライブ後記を書くことを逃していた。共演させていただいたバンドさんの詳細は省きまして(ごめんなさい)綴らせていただきます。

2015.07.28 秋葉原GOODMAN
w/アサカワアサシン、ダンウィッチの犬、カリギュラは気まぐれ
色んなジャンルから色んなくせ者どもを集めたという印象でした。

2015.08.22 秋葉原GOODMAN
w/夜の夢、ヨソハヨソ、重力2、ソコラノグループ
メンツが凄まじすぎる。全員トリで良かった。すごく個人的に夜の夢とまた対バンできて嬉しかった。

2015.10.16 秋葉原GOODMAN ※弾き語り
w/アニュウリズム、カリギュラは気まぐれ、chifs、神の国へようこそ!!
s/四次元ポケット、せいなの、ショートカットは小出しにします、カプセルタイム、みたいな歌、切身物語、夜行列車
優しいイメージが似合うバンドばかりでした。カリギュラは気まぐれさんに、メンバーさんからしたら多分すげー迷惑な声の掛け方しちゃった。好きすぎる。

2015.10.17 日本橋 根 ※弾き語り
w/taberusan、EMILY DAKOTA、Mr.POP、ホリグチタケル
s/四次元ポケット、せいなの、みたいな歌、ダンス・ダンス、切身物語、すみっこんそんぐ、付き合ってられっか、アホ
居酒屋さんでのライブという面白い形式でしたし、メンツの頭おかしさも冴え渡る日でした。歌うまいっていいなぁ…。


後半2回は弾き語りによるライブ。なんとなく、そっちの方が自分に合っている気はしている。
そもそも弾き語りから打ち込みにシフトした理由としては、自分の中の明るさを全面に出したかったからだ。そしてそれが合っている気がしていたから続けていった。だけど最近、結局根本の暗さが捨てきれていない限り、そっちを表現した方がずっと誠実な気がしてきた。それは、あくまで自分に対する誠実さであるけれど。あと打ち込みだと、ライブ中の集中力が散漫になっている気がする。

ライブ後記とは関係なくなるので、別途続きます。

スポンサーサイト

05

Category: 終演

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2015年7月4日 桐生 VAROCK
S__28016680のコピー
(photo by 渡辺光崇)

【セットリスト】
01.四次元ポケット
02.みたいな歌
03.せいなの
04.カプセルタイム
05.タンギス
06.切身物語
07.へいたいさん

めちゃくちゃ久しぶりのライブでしたが、おにゅぅギターも調子良く、声もそれとなく出せて良かったです。太ったおかげか?
来てくださった方、CD買ってくださった方、差し入れくれた方、全ての方、ありがとうございました!
以下対バンの感想(敬称略)。


◆名前未定
ドギマギ☆コント、みたいな感じで可愛かったです。w
ボーカルの少年、歌うときと普段のギャップが…ありゃモテるわ。

◆taberusan
最初は「あー歌うまい人の普通の弾き語りかー」なんて油断してたんですけど、よくよく聴いてみりゃ良い意味で「何言ってんだコイツ」でした。諦めたような、でもまだ狙っているような、そんな歌でした。しかもすげーギターうまいの。師匠と呼びたい。
あとたべるさんとは仲良くなりすぎて、ユニットをくむことが決まりました。
CJEDqwcVAAA5W0hのコピー
ユニット"鼻毛"。僕が""でたべるさんが鼻毛です。

◆衝撃
衝撃という名前がしっくりきすぎるくらい爆発力のすごいバンドでした。普段あまり聴かないジャンルなのでなんといったらわからんが(ハードコアなのか?)とても高校生とは思えない演奏力とライブパフォーマンスでした。衝撃が強すぎて正直もう、衝撃っていう記憶しか残らない勢いだった!w

◆SEVENDAYS WEEKEND
本人達には伝えたのですが、良い意味で小さい箱が似合わないバンドだと思いました。もっと広い場所で、暴れ回って欲しい。でも面白いことに、暴れ回ったり煽ったりしまくるくせに演奏は良い意味で棒読みというか、拍が正確というか…よく「歌うように演奏する〜」みたいな言葉がありますけど、それとは逆だなと。そんなギャップも有り、めちゃ良かったです。タワレコでCD買うと特典つくらしいので、買いにいってきます。

◆Obscent
tensionの店長に挨拶に行ってて序盤見れなかったですけど、後半の畳み掛けはすごかったです。Obscentのステージに喰われる!という危機感すら覚えました。衝撃とツアー回ったらいいんじゃねーか?と素直に。


こんなとこか。
次のライブも頑張ります。うふ。

15

Category: 終演

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2013年10月13日 高円寺 無力無善寺
2013-10-13 19-16-43
(写真提供:林さん@我々)

【セットリスト】
01.四次元ポケット
02.タンギス
03.みたいな歌
04.せいなの
05.ちかもくどってん
06.ななめマーク
07.紙芝居ED

およそ1年ぶりのライブです。そりゃ髪も伸びます。今回はいつもピアノで参加してもらう永山さんに、鍵盤ハーモニカで参加してもらいました。※本人の希望
本番中に急にリバーブが気になりだしたりと、いつも以上に見苦しいライブにはなってしまいましたが、それでもたくさんの人が声をかけてくれて、すごくうれしかったです。我々のみなさん、というか林さんとこずえさん、ありがとう!

ちなみにこの日はすごく無善寺っぽくてよかったです。
カワイ子ちゃんFUN CLUBさんは、しくじってないのにしくじったと思い込んでる感じ。多分彼女たちのたちどころがどこかにあって、それはそんなとこいなくていいのにな、っていう場所で、すごく勿体無いなぁと思いながらも、なんとなく消化できる感じ。違和感の調和ってこれか。みたいな。
うしろ前さかさ族さんは、無善寺といえばこれ!みたいなバンドでした。嫌いな人いるの?みたいな。すごく突き放そうとして、すごく尾を残している。そんなイメージを抱きました。
我々は相変わらずすてき。何よりこずえさんのベースが、歌っているような感じ。ドラムの林さんも、なんていうかもう全員、若い衆をねじ伏せている感じがします。安心。

以下、ライブ音源ダイジェスト版です。


みんなありがとう。ありがとう。久しぶりなのに、ちゃんとした告知もなしに、でも来てくれた方々、本当にありがとう。

11

Category: 終演

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2012年10月07日 中崎町 モノコト
01.jpg
(写真提供:モノコト長谷川さん)

【セットリスト】
※曲順が曖昧なため、演奏した曲の表記になります。
・四次元ポケット
・みんなで作る紙芝居ED
・タンギス
・ななめマーク
・せいなの
・付き合ってられっか、アホ
・へいたいさん
・夜行列車
・ちかもくどってん
・時間はラジオ

なんとなんと!ライブを受けて、モノコトのオーナーである長谷川さんが日記の記事を書いてくださいました!優しさ100%かよ!グループ展自体のことは前回の記事にありますので、そちらをご参考に。あと、おたちゃんの記事も、イヌブシの記事もあります。

突然ですが、みなさんの中で、ライブハウスってどんなイメージでしょうか?私は、個人的に”地下にある薄暗い場所”というイメージです。内部には音が響くように。外部には漏れないように。重い扉。クッソ固い取っ手を跳ね上げ、どうにか中に入る。そんなイメージ。言い方は悪いけれど、個人的にはそんな悪いイメージはなくて、気分をのせてくれる、最強の場所です。良くない音楽も良く聞こえるというか。やりたくないことを隠せるというか。
対し、今回のモノコトは地上1階。向かいは住宅地です。前日の打ち合わせで、「音響かない曲の方がいいんですかね・・・?」と相談したくらいです(本番中もしたけど)。でも、それがすごく気持ちいい。陽の入る小さくも大きくも無い、程よい部屋で、大好きな作品たちに囲まれながら、適当に歌う。すっげー幸せでした。サマソニとか鼻で笑えるくらい。

最初、14:00からライブを始めたとき。
02.jpg
結構すっからか~ん。テンションがあがるばかりで、正直戸惑いもありました。でも、2曲目くらいから、遅れて来た人、フラッと来た人。目線をあげたら、入り口までいっぱいに(外でサラーっと聴いてくれる人もいた)!
03.jpg
断続的に写真を撮ってくれる長谷川さんの位置も真横に!怖い!逆に怖い!
そんな長谷川さん(イケメン)の写真を見て、「太ったな・・・」って思いました。感受性0かよ。
一人一人個人名を出してお礼を言いたいほど、鰆さん!っていう人がいて、もう泣いてやろうかと。頬を殴りました。今ならエヴァの使者として生きていけそうです。

みんな、拍手がすごくたどたどしくて面白いし、でも視線がいつも以上につきささる。ああ、陸に立てたかもしれないって勘違いをしてしまうくらい。恥ずかしくて逃げ出したくなるくらい。
おたちゃんは、このグループ展の会議で、「このメンバーは、結合がウリ。マジ。チョーヤバイ。絵と写真と音楽とあと、oh!」と言っていて、音楽の前面が自分だと感じだとき(思い過ごしだけど)、本当に苦しかったけれど、こうやってみんなが水面を作ってくれて、泳いでる姿をとらえてくれる、ものすごく心地のいい空間でした。
ギャラリーからの音を聞いたり、チラッと絵を見ただけで立ち寄ろうと思える空間が作れるモノコトというギャラリーもすさまじいですね。こわい。

マイクなしで、我ながら圧迫面接みたいな客席作りで、声が裏返りまくったし、ギターも大してひけなかったけど、それもワンタッチできて口角が上がってしまう、とても素敵な時間をありがとうございました。

余談ですけど、この写真
04.jpg
を見て、自分の腕ほそっ!気持ち悪!って思いました。

09

Category: 終演

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

シャープにフラット
ライブの感想は後日写真をもらってから書くとして、今回は旅行記交じりに展示会の感想を書こうと思います。
めっちゃ長い。

6日の土曜日、朝から鼻炎と胃痛による無駄な早起きに悩まされながらも、お昼に東京を出発。関西方面に向かう時は着替え等の荷物+ギターという、重くは無いけどクソ邪魔な荷物になるため、新幹線は窓側を選ぶものの、今回は3連休の初日ということもあり、通路側しか取れず。車内にて同列になった方にはビックリするくらい怪訝な顔をされました。死にたい。
某清水と合流し、大阪駅で女子団体に体当たりされ、テンションがだだ下がったもののギャラリーに到着。中崎町という街の雰囲気と、完成したギャラリーの良さにテンションをもどしつつ、主催のおたちゃんとはしゃぐ。
DSC_0412.jpg
ヒマな時間に中崎町を散歩したり、「ここらへんで遊んでるどこの子かしらない子供の話」をおばあちゃんにされたりとで時間は経過し、夜はおた家にお邪魔しました。おたちゃんの同居人が鰆料理を作ってくれました。もらすくらいうまかった。

7日、朝。
DSC_0413.jpg
4:00までおた同居人と酒を飲み、10:00くらいに起床。胃がもたれて死にそうになる。ギャラリーには正午くらいについたので、かわりばんこで昼食をとる。某清水と意味がわからないくらいおいしいパスタを食べましたが、胃が悲鳴をあげていました。
ギャラリーに戻ると、あ?やたら人増えてね?ん?twitter勢とか来てました。そして何よりフウチさんとご対面。事前会議にて”神の声””神の優しさ”ともてはやしていた彼ですが、実際にお話ししても柔らかく、作品と人柄に何もすれ違いがないなぁ、という印象。「舐めて良いです」って言われたら、肘とかベロベロしたと思います。胃は痛いけど。

そして14:00。ライブのお時間です。ライブレポートは後日書きます。
jdptk.jpg画像提供:ぱんださん
最初は用意した椅子に満杯くらいだったのですが、1階であったがために声を聞いてフラッと寄ってきてくれた人・もともと来る予定だったけどたまたま時間が合った人などでギャラリーが人いっぱいに。
DSC_0414.jpg鰆目線
こう見ると少ない。まだ左側があったり、入り口側に人いたりで、曲が終わって顔をあげたときは死にそうな心地でした。ヒィィ!って。曲中にふと顔をあげたら、おばあちゃんが窓越しにめっちゃ見ていて、とうとう命が途絶えたのかと思った瞬間でした。鰆目線で写真を撮った時、後ろの机に頭を打ってしまい、恥ずかしさより机のやわらかさに高揚。笑ってくれたり、静かに聴いてくれたり、みんなありがとう。アマツマケイ(紙芝居メンツ)の関西勢にも会えて幸せ。
*紙芝居01”カナガス” *紙芝居02”あかるいまち
ライブ終了後に声をかけてもらいました。中でも脚本班の辰六は、髪型がかぶっていて、ぶちのめしたくなりました。
DSC_0416.jpg何頭身あるんだよ。
ライブ終了後、色々な方とお話する。一番好きな時間です。
全然知らなかった方に「作品展もそうだけど、鰆さん目当てで来たんです!」って言われたり、声かけたりはしないけど笑顔で手を振って帰ってくれたり、「今日初めて聞いたけど、喋り方からは想像できない歌声と、アコギなのにアコギっぽい曲じゃなくてよかったです!」って言ってくれる方がいたりと、昇天気味でした。

土地やギャラリーの雰囲気に慣れたところで改めて作品を見たのですが、すっごいきれいな水面。目指すっていうとちょっと違うけど、とりあえず触発されるというか。でも完成度に打ちのめされるというか。各自の作品は携帯のバッテリーの都合で撮れなかったのですが、本気で後悔しました。

イヌブシユウスケ
50h4hz61famesqixcc85_normal.jpeg
嘘でしょ!?って言いたくなるくらい器用だなぁ。という印象。A→B→Cで上手く移行した作品の下には、イラストレーターのようなサッパリとした作品がたくさん。打ち上げで散々言いまくりましたが、今回の作品展の入り口として、すごくわかりやすい。良い中間的な存在なのに、にがりを大量に飲んだように喉に残る。この才能はずるいなぁ、って素直に思えるくらい。

おた
20111129102924a33s.jpg
主催者。描く絵だけではなく、この展示会に関する出演者のチョイスも本当にセンスが良い。センスが良いっていうか、嗅覚が良いのかな。ギャラリーのキョイスもセンス良いし。なんやねん。嫉妬するわボケ。写真に直接絵を描きこんだ作品がめちゃくちゃ良かったです。もらえばよかった。

フウチ
image_normal.jpg
先述してしまいましたが、作品が本当に優しくて素敵でした。自由に触れる作品という発想、忙しかろうが絵を描くためのツールとしてiPhoneを使うという賢さ。憎い!絵本とか作ってほしいなぁって思いました。
DSC_0418.jpgちゃっかり頂いた。
フウチ先生、生まれてきてくれてありがとうの奴です。

最終日は18:00に閉館、搬出開始になりますが、撤収前に参加者で写真を撮りました。
DSC_0415.jpg
ハセガワさん(モノコトのオーナーさん)・フウチさん・おたちゃん・キノコ
イヌブシさんは仕事の都合で不在)
搬出終了後の打ち上げではフウチさんの隣に座らせていただき、向かいにはアマツマケイメンバーの辰六。真面目に色々話しすぎ。フウチさんがどんな話も聞いてくれ、意見してくれたり、素直に感心してくれたりと、優しさ爆発。イヌブシさんの到着により、席は
01.png
となり、巻き込まれるイヌブシさん。でも最終的には中心になってお話してくれてました。と思ったら、ちゃっかりフウチさんが帰りの新幹線を逃してました。「もっと話聞きたくなっちゃったから、つい・・・」っていう言い訳。なんだ、ただの天使か・・・。
DSC_0419.jpgイヌブシさんから奪った。
んで、再度おた家に帰りました。たっちゃんとプロレスして寝ました。小学生か。

翌日、名古屋に行き、海が見えるレストランでコース料理を御馳走になったりしました。うなぎのチャーハンがおいしすぎて、満タンでもたれが再発してる胃を恨みました。
名古屋の電車のつり革に爆笑していたら、同行者に怒られました。
DSC_0417.jpgなげーよ。

東京の我が家に着いた途端、疲れすぎて一歩も動けなくなりましたが、色々と思い出して顔がニヤけるくらい素敵な日々でした。
おた先生、是非第2回をやりましょう、チラリ。
関わったすべての人にありがとうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。