いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category:

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

ご案内
twitter004.png
山田鰆-Yamada Sawara since 2009.02.01
twitter / 配信 / MySpace / ニコ動 / sawarah
周波数2007Hz / 歌詞
使用ギター:テレキャス
エフェクター:LINE6、コーラス
使用ソフト:Audacity

ライブ予定
●7/4(土) 桐生VAROCK
●7/28(火) 秋葉原GOODMAN

■カテゴリについて
ライブ-ライブ告知
動画-公開した動画についての説明など
魚-思ったことを綴った文章
CD-自主制作CDについて
企画-配信関連の企画についての詳細
終演-ライブレポート
鰆Space-Myspaceに上げた楽曲について
twitter-人の発言から思ったこと
読書-読んだ書物についての感想文。ネタバレはしません。

■現在販売中のCD
●はつか(自主店舗"sawarah shop"にて発売予定) - クロスフェード
ぶらりなとがり(ネットレーベル“同窓会”にて無料DL可能)
さてんれっきす(ネットレーベル“同窓会”にて無料DL可能)
はだかもぐらねずみ(自主店舗"sawarah shop"にて発売中) - クロスフェード
We love ustream checker!

スポンサーサイト

19

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ぺぽぺぽ
綺麗な月を一緒に見て感傷に浸るくらいなら、
眩しい太陽を一緒に見て、目を潰して暗闇に浸りたいと思った。
という歌詞が頭をよぎって、終わっていると思った。

どっかで並んでいた自分の体のひとつひとつの部分を、どこかに置き忘れたような感覚が続いている。
拾い集めようとすると、かばんが重くて、とりあえずこの右目は置いていこう。なんてしていたら、左足が腐りそうだよ、といろんな人から指摘されて、ああ、腐るなら腐ってしまってから拾おうかな、でも歩けなくなっちゃうな、どうしようかな、とりあえず見なかったことにしよう。そんな日常だ。

楽になりてえ!とは思わないけど、少しくらいはトランポリンに乗ってみたいな、って感覚。
救いはどこだ。

15

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

トーキョーとここ
ooo.jpg
髪の毛が中途半端に伸びて、煩わしい。でもこれは逆に言えば、中途半端に切られていて煩わしいという表現もできるな、などと、群馬から東京へ向かう電車の中で考えていた。特に意味は無いのかもしれないし、特別な意味があるのかもしれない。自分でもわからない。

少し気が早いけど、2015年を振り返ってみた。休職したり音楽活動を復活させたりデザフェスに出てみたりと、群馬を飛び出して上京した時ほどではないとしても、なかなかアクティブで無様な年だったと思う。
その中で気が付いたことは、たくさんの選択肢の中から何かを選ぶことよりは、限られた選択肢の中から何かを生み出す方が居心地がよく、得意であるということ。それは要領の悪さとか非アグレッシブさ、性格の暗さも関係しているのかもしれないけど、きっともともとそういう性格なんだろうな、と思った。

東京には余るほどの選択肢がある。今日のご飯から始まって、仕事はどうしよう、洋服は何を着よう、音楽は何を聴こう、どんな人たちと関わる?足元からたくさんの腕が生えていて、いつもそこからどの腕を掴むかと迫られる。それは自由で広い世界だ。

でも私には、悪夢に近い、ぐらついた場所なのかもしれない。

いつまでも明るい街灯は、私をその光の中に消そうとしているように見えた。

26

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

嘘のタイトル

どれだけ独りを患わせても、到底追い越せない雨に気が付いて、膝を着いた。風が弱くて、このまま何も届かない気がする。

なんとなーくで踵を返したいのに、足首にこびり付いた、異常に甘いオレンジジュースがうざったい。

鏡に映る自分が、思ったより自分で、思ったより自分じゃなくて、安堵したり戸惑ったりと忙しい。旗はどこだ。ねぇ、って問いかける相手も居ないのに。

16

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

澄む匂い
とても前だけど、髪型を変えた。

↑こんな感じ。

前方の長さが乳に達し始めていて、後ろもちゃんと伸ばしていたら、少しでも異性の気を引けたのかしら、なんて考えてしまう。己の顔面をもっと認識しろ、って話になるけど。

付随して、前髪を伸ばした。髪を分けないと、前が良く見えない。目つきが悪いから、なるべく目を見せたく無くて。眼鏡さえしなければフレームにかかる髪は気にならないのだけど、眼鏡をとったら知らない人になるから、それはできない。
でも、あまりにも煩わしくて、前髪だけ切った。切り過ぎた。視野が広い。心地が悪い。

なんだか、似ているな、と思った。

自分を取り繕うと、見ようとしない世界は見えなくて、それでいいやと納得していると、どんどん孤独な気分になっていく。でも、それを紛らわしたら、それはそれで孤独な気分になる。孤独なんて中二病みたいなこと、言いたく無いけど。

足を、とん、って地面に置くと、死んだ心地が襲ってくる。なんだ、この感覚は。そんなに器用じゃないよ、ねえ、って、誰が聞いてくれるのかしら。旅立った先の話は全く予想出来ない。下手したら、ただただ落ち込むだけかもしれない。でも、聞かせて欲しい。叶わない目線だけ、宙に泳いでいく。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。