いとみみず宇宙とは何か?


山田鰆

山田鰆

Author:山田鰆
■2012.02.27
COOKIE SCENE
にて
「ぶらりなとがり」レビュー掲載

■2012.01.29
ネットレーベル“同窓会”にて
3rd音源
ぶらりなとがり
発表
■2011.09.11
ネットレーベル“同窓会”にて
2nd音源
さてんれっきす
発表
■2011.08.01
彼らは音楽をやっててインターネットがそこにあるってだけだよ
インタビュー掲載
■2011.05.01
M3-2011春
Ustream Checkerコンピレーションアルバム"We love ustream checker!"
「たはぺばてぷにぼ」
■2011.02.14
1st音源
はだかもぐらねずみ
発表
■2010.05.06-2011.04.22
場末町AP/音楽枠
「たかやまとしひろ」

ニコニコ動画
Twitter
 
pixiv
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29

Category: 動画

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

2011.02.14 名古屋ライブ動画
HADAさんから届いたので、約束通り動画をあげました。
いやー、もはや懐かしいですね。もはやっていうか、いや、うん、懐かしいです。
この日のライブはシノダ先生曰く「思ってたより良かった」という、完全に上から目線で言われてますが!が!ですよ、個人的にもまあまあよかったんじゃないかと思うのですよ。顔の気持ち悪さを差し引いても。
途中で声が震えていたりする部分もありますが、別段歌に感情移入しているわけではなく、ただ単に寒くて力が空回りしたっていう説が濃厚です。


撮影:HADA
エンコードができなかったので糞重いと思います。べろろー。

ちなみに何故HADAさんが録ってくれたのかは謎です。
トリだった理由も、アンコールが求められた理由も、全て謎です。
基本的にMCがあまりにもおもしろくないためカットしてます。
HADAさんがあざ笑いながらどアップした部分もちょっとしたモザイク加工みたいなんしてます。流石に吐き気が収まらんだろうおいおい、と思いました。いやほんとは最初、全体的にモザイクかけようかな、って思ったんですけど、まあめんどくせーからいいや、部分で!って編集し出して、作業が終わるころになってむしろ全体でやった方が楽だったんじゃね?→排除排除排除
滑舌が悪すぎるせいか、歌詞を求められることが多いのですが、いやもう誰もわからなくていいやという開き直りの末、歌詞は入れてません。何かの間違いで要求されたらなんかで補うかもしれません。

スポンサーサイト

22

Category: 動画

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

mugsを弾き語ってみたをもっかい上げてみた

録音・Mix:ゆうさん
絵:山田鰆
本家様:nm10268624(古川本舗様)
編曲参考動画様:sm12541450

・動画削除祭りの詳細
あーこのマイリス、弾き語ってみたとかそこらへん抜こうかなー違うのに入れようかなーそこらへんは!と勇んだ結果、動画を削除してました。いや、おかしいと思ったんだよ、削除にこんな手間取ったっけ?みたいな感じにはなってましたよ、でも仕様がかわったんかもーとか言って余裕ぶっこいてたらこれだよ! でーす。

・動画作り直した結果
いや本家様の動画を使えれば一番よかったんですけど、いかんせん歌と画面が合わなくなってしまうのですよ。なので弾き語ってみたの動画は基本的に自分で作っているのですが、この曲の絵に関しては、自分がmugsという曲から受けた印象を絵にしました。あの、現実味がないのにふわっと漂ってくる感じ。そして、至るところから粒が押し寄せてくる感じ。
あと音質も若干改善されているんじゃないかな?と思います。たぶんね。知らんけど。
字幕の入れ方は、本家動画様を尊重しました。

そんな感じでーす。

削除してしまったmugs記事についてはコチラからご覧いただけます。mugsについて語ってます。え、うるさっ。

06

Category: 動画

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2011年上半期総括動画
【ニコニコ動画】

【YouTube】


2011年1月~6月までに作ったりいじったりコピーしたりした曲をひっくるめた総括動画を作りました。“はだかもぐらねずみ”に収録されている曲は入っておりません。“はだかもぐらねずみ”に関しては通販があるんで、是非手にしてください。是非。
いやー音源が残っていない曲は入れてないのですが、動画に使った曲は47曲、未収録の曲を合わせると50曲越えですか。アホみたいに曲作ってましたね。なんかこう改めて聴き返すと、前半は格闘、後半はお遊び満載。しかし後半は大体人任せ気味だな。気が付けたなら改心しましょうかねぇ。

過去の音源を聴いてもう一つ思ったこと。PCでの曲保存に慣れ過ぎて、全くその曲を覚えてないというか、コードがわかんねえ曲が結構ありました。歌詞すらどこにもメモってないのもあったし。そして量産型になりすぎて、一曲一曲に思い入れが少なすぎる。初心に戻るべきタイミングとは、こういうことなんでしょうかね?まあ、初心のころより今の方が良い曲作ってると思うけど。個人的には。

まあ20分に満たない動画なので、作業用でも良いし、聴いて(さらに感想とかもえらないかななんて)もらえると嬉しいです。アラバンチュゥ。

追記:基本的に挿入動画は5倍速にしました。m2sの夜の運転風景は5倍速だと恐ろしく絵になる。

▼Continu表示で以下曲目▼

Continue

04

Category: 動画

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

sound only 「深夜旅行」
今まで裏方的な立場で人の作品に参加、というか、関与?することはあったのですが、こうやって照明をちょびっとだけでも浴びて参加することは初めてです。実は。なんか僕が作るものは、クセが強すぎてやりづらいとか言われるんだよね。チッ。
というわけで、とん・ぶり動画に参加しました。その名も「sound only」。これを語るには、順を追うのも必要かな、と思うので、まずはコチラを紹介します。


【sound only 「遭遇」 / とん・ぶり(曲)、ぱんぱん(絵)】
この動画を初めて聴いたとき、宇宙っぽいんだけど古代っぽくて、冷たそうなんだけど暑い、そんなイメージを持ちました。で、この絵を見て、あーそうそうこんな感じ、って納得。
最初はぎゃあああああ!ってびびるんだけど、あれ?子供でも出てきたのかな?ん?うちとけたかも、って思ったら最後にやっぱりアウト!みたいな。
まあこの曲については本人がブログの記事を書いているので、参考にしたらいいかと。
遭遇 / とん・ぶり

そして僕が絵を描かせてもらった今作。

【sound only 「深夜旅行」 / とん・ぶり(曲)、山田鰆(絵)】
「遭遇」を見る前に声をかけられたので、うーん曲から絵、曲から絵…と3日位ブツブツつぶやきながら悩んでました。そういえばちゃんとはやったことないなぁ、と思って。というか、自分の画力でできるとも思ってなかったし。
曲をもらった時に思った感想は、曲名にもある、旅人っぽいなあ、ということ。ふと「キノの旅」みたいなイメージが浮かんだものの、なんかそれだともったいないなぁ、と思って練り直しました。“色は暗め”“月”という条件を飲むと、あれ?それってなんか矛盾してない?と。いや実際全然矛盾してないんだけど。個人的には、月をイメージしたのならば明るく照らしているから、暗めは無いんじゃないか?と思ってしまったのだけれど、目をつぶって何回も聴くうちに、ああ、これ、音が光かぁ、この光が道筋になってるんだ、ってわかって、ああいう絵になりました。いっぱい楽器が刺さってるのは、音色が多い=光の種類が多い=様々な国、あるいは土地を旅しているっていう解釈からです。
旅っていうと、僕はつい観光のイメージで明るい絵ばかりを想像してしまうけれど、この曲はとても風が強く吹いていたと思ったら花がたくさん咲いているところに居て、かと思ったらザーザーの雨の中でど真ん中につったってたりする。実は夜に見せる土地の顔を詰め込んだ曲なんだな、と。気候も、夜の方がその土地ならではのものが顕著だしね。
最初は月をしょって旅してる、って絵を描いたのですが、一回消して、抱いてる絵にしました。光が道を作ってるなら、どっちかってと連れて行ってるのは月の方だな、と思って。
まあ、曲に関しては本人が素晴らしいこと言っているのでそちらを読んでいただければと。
深夜旅行 / とん・ぶり

まあ最初にこの音源聴いたときはふざけんなと思いましたけどね。こんな恐ろしく素晴らしい曲に僕なんかが絵つけていいわけねーだろ!アホか!と。動画のコメント見たらあったけど、やっぱすげぇよアンタは、ああさげぽよーみたいな。でも僕が描きやすい曲にしてくれた彼の配慮を汲んで、精一杯描きました。つってね。どんだけ人の動画で長文書くんだよ。大好きかよ。

26

Category: 動画

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

自主制作紙芝居「あかるいまち」
【ニコニコ動画】

【YouTube】

エンディングの最後の言葉二つ、まず一つ目について。「連続殺人鬼カエル男 / 中山七里(宝島社文庫)」より引用させていただきました。この本についての感想はまた別の記事で書くとして、この本の最後の言葉「その通りさ。ただな、嘘ってのは他人に吐くんじゃない。大抵は自分に吐いているんだ。そうやって嘘吐きは自分の首を絞めていく。」に重い衝撃を受けた、というか、言いたくないこと言われたな、と思い、そしてこの紙芝居の解釈に加担してくれるだろうという予想から、載せました。
そして二つ目。「ウソツキの末は、ウソツキしか、知らない。」って言うと、お前になんかわかんねーんだよばーかみたいな言葉になってしまうかもしれませんが、そうじゃない。ウソツキしか知らないけれど、これを見た人はその末を予想してみたら、案外簡単に思い浮かぶかもしれない。さあ、どういうことでしょうね。

とび出す紙芝居は、音が出るんだよ、といって、前作「カナガス」では進行中にそれぞれ登場キャラクターに音を持たせましたが、今作ではそれをやめました。一回効果音つけて作ったんだけど、全部消しました。というのは、それがウソツキの街の景色に一番合っている気がしたので。
あとOP、EDの歌詞をのっけなかったのは、色々恥ずかしかったからです。とん・ぶりに速攻で見抜かれたので、これ歌詞載せたら必要以上にバレる!と思い、やめました。

前作同様、解釈はご自由にどうぞ、というところですね。

OP曲、ED曲の歌詞はContinuからどうぞ。

Continue

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。